「 生命倫理 」一覧

NO IMAGE

ジョンセンの四分割表

定義 ジョンセンの四分割表とは、Jonsenらが提示がした、倫理的問題を整理し解決するためのチェックシートである。(以下は入門・医療倫理I 〔改訂版〕p.76の表を改変して引用したもの。) 医学的適用(Medical Indications) 1.診断と予後 2. 治療目...

NO IMAGE

決疑論(casuistry)

同義語 カズイストリ 定義 決疑論(casuistry)とは、倫理的問題に回答を導く指針を、「倫理理論」や「倫理原則」にではなく、具体的な「ケース(事例そのもの)」に求める立場のことである。 決疑論においては、具体的には以下の3ステップで倫理的問題に回答を出す。 1.問題となってい...

NO IMAGE

アンソロジー症候群

定義 アンソロジー症候群とは、医療倫理学のアンソロジーに見られる、様々な倫理理論を提示し、読者に都合のよいものを選べ言っているに過ぎない傾向(を批判的に揶揄った言葉)である。医療倫理学者のガート(Gert)らの言葉である。 参考 入門・医療倫理I 〔改訂版〕

NO IMAGE

生命至上主義(vitalism)

定義 生命至上主義(vitalism)とは、人間の生命を絶対的な価値とみなす生命倫理学上の立場である。 生命至上主義においては、人間の生命は、理由や状況のいかんを問わず、常に可能な限り維持することが善であり、それを短縮させたり奪うことは常に悪であるとされる。 関連 生命の神聖さ(sanc...

NO IMAGE

ホストマザー(体外授精型代理母)

定義 ホストマザー(体外授精型代理母)依頼夫婦の体外受精卵を、着床させ代理出産する女性のこと。いわゆる「借り腹」である。1980年代から実用化された。 この場合、遺伝子的には生まれてくる子供は依頼者夫婦の完全なる子供である。(遺伝的には夫とのつながりはあるが、妻とのつながりはないサロゲートマ...

NO IMAGE

サロゲートマザー(人工授精型代理母)

定義 サロゲート・マザーとは、排卵期に、依頼者の男性の精子を人工授精によって子宮にいれて、代理出産する女性のことである。1960年代から実用化された。 この場合、遺伝的には、生まれてくる子供は夫と出産した代理母の子供である。 日本の法律(判決)では「分娩した女性を子供の母とする」という...

NO IMAGE

新型着床前診断(着床前遺伝子スクリーニング:PGS)

同義語 新型着床前診断、着床前遺伝子スクリーニング(PGS) 定義 新型着床前診断とは、従来の着床前診断より高い精度で異常を検出可能できる新しい検査のことである。 実際には「着床前遺伝子スクリーニング(PGS)」と呼ばれる検査のことである。具体的には、CGH法(比較ゲノムハイブリダイゼー...

NO IMAGE

出生前診断(胎児診断)

定義 出生前診断(胎児診断)とは、出生前の胎児の疾患を調べる技術である。 出生前診断には以下のような意義があると考えられている。 ・胎児の病気を早期発見して胎児期に治療(胎内治療)を行う ・高度医療機関で分娩できるように計画する ・カップルに産むか産まないかの選択をするため...

NO IMAGE

選択的シングルマザー(Single Mother by Choice : SMC)

同義語 計画的シングルマザー、非婚シングルマザー 定義 選択的シングルマザーとは自分の意志でパートナーを持たずに子供をもつ女性のこと。 この人々が生殖補助技術(Assisted Reproductive Technology : ART)を使用することがどこまで許容されるのかは生命倫理学...

NO IMAGE

卵子老化

定義 卵子老化とは、女性の加齢とともに、その女性の卵子も老化していく現象のことである。 女性の卵子は、その女性の胎児期に既に作られており、出生後に増えることがない(つまり精子と違って卵子は出生後にあ新たに造られることがない)。従って卵子は女性の誕生と同時に老化し続ける性質を持つ。 なお...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3 4 6