「 ブックレビュー 」一覧

NO IMAGE

運動好きではない人が健康のために運動習慣を身につけるためのオススメ本

もともと運動好きな人は、社会人になっても自然と運動を継続できるのでしょう。しかし元来運動が好きでない、あるいは学生時代に運動する習慣を持たなかった人が、社会人になって運動する習慣を身につけるのはなかなか難しいと思います。かくいう自分自身がそのタイプです。 運動不足が体によくないことはわかってい...

独学者のための疫学を学ぶ本

独学者のための疫学を学ぶ本

疫学は医学研究の方法論を扱う学問です。方法論そのものとも言えます。 方法論ですから本質的に抽象的な性格を持っています。そこがとっつきにくさの原因になっています。この点は統計学と同じです。具体例とセットにして学習することが理解のために必須だと思います。 本質的な方法論なので、どの本でも基本...

NO IMAGE

がんを生きるためのオススメ本

医師が書いた本 著者の専門は免疫療法である。がんの標準治療について基礎的な知識がバランスよく記述されている。免疫療法についても触れられているが偏重してはいない。がん治療目的を、がんに罹らなかった場合の寿命と生活の質にできるだけ近づけること、説明している。 著者は腫瘍内科医である。緩和...

NO IMAGE

『智慧と慈悲の開発レッスン』

スリランカのテーラワーダ仏経僧、スマナサーラ長老の著作です。 本書では、道徳、慈悲、智慧の3つのテーマが語られています。道徳は行動、慈悲は感情、智慧は知性のレベルの話と考えるとこれは仏教に限らず、人間を考える上での3つの次元だと言えるでしょう。 スマナサーラ長老の著作では、道徳で...

糖尿病治療薬使いこなし術―フクロウ先生がすすめる処方力アップのコツ

糖尿病治療薬使いこなし術―フクロウ先生がすすめる処方力アップのコツ

ここ数年、糖尿病治療薬は新薬が目白押しである。 医学雑誌の広告を見てもやたらと目につく。 そろそろ情報をアップデートしなければと思い、書店で平積みになっていた糖尿病治療薬使いこなし術―フクロウ先生がすすめる処方力アップのコツを読んでみた。 臨床に必要な形で情報が整理されており非常に読みやすい。 明...

『とにかく妻を社長にしなさい』(坂下仁)

『とにかく妻を社長にしなさい』(坂下仁)

サラリーマンが副業を持ち、節税しながら豊かになる具体的方法を指南した本である。 同著者にはとにかく妻を社長にしなさいといますぐ妻を社長にしなさいという2冊の本があるが、Amazonのレビューによると具体的なノウハウが書いてあるのは『とにかく社長を妻にしなさい』の方だという意見が多かったためこちらを...

検診(健診)の功罪:早期発見 vs 過剰診断

検診(健診)の功罪:早期発見 vs 過剰診断

早期発見、早期治療は現代医学のスローガンである。 病気は進行するほど治療が難しくなるし、行くところまで行けば治療不可能である。早い段階なら治療しやすいし、完治する確率も高い。だから検診を受けましょう論理である。 一見すると完璧な論理だが、落とし穴もある。 検診の精度が高まるとわずかな異常も...

独学者のためのRを学ぶ本

独学者のためのRを学ぶ本

統計ソフトRを独学するための本を紹介します。Rの本は内容的には、入門書、リファレンス、各統計手法に特化した本などに分類できると思います。また統計学に重きをおいた本とプログラミングに重きをおいた本という分類もできると思います。 入門書 Rは統計解析ソフトでありますが、プログラミング言語でもあり...

独学者のための統計学を学ぶ本

独学者のための統計学を学ぶ本

独学者は何をどういう順番で読んだらいいのかもわからないものです。自分自身も独学者なので、自ずと目を通す本の数はどうしても多くなります。後から振り返ると、この本をこういう順番で読めばもっと効率的だったんじゃなかろうかと気づくわけですが。 同じように独学で統計学を勉強している方(初心者~基礎レベル...

独学者のための統計学に必要な数学を学ぶ本

独学者のための統計学に必要な数学を学ぶ本

統計学を理解するにはある程度の数学の知識が必要です。近年、統計学は数学の背景のない方も使用する必要に迫られることが多くなってきました。文系の方、プログラミング畑の方、研究やビジネスで必要になる方、いろいろだと思います。こういう方が統計学を勉強しはじめると間もなく、数学的な知識不足に統計学の理解の足が...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2