がんの生物学一覧

NO IMAGE

ミスマッチ修復機構(系)

定義 ミスマッチ修復機構(系)とは、細胞分裂の歳のDNA複製時におきる核酸塩基のコピーミスを修復する機構である。 ミスマッチ修復遺伝子 ミスマッチ修復遺伝子は、ミスマッチ修復機構に関与する遺伝子...

NO IMAGE

核酸(nucleic acid)

定義 核酸(かくさん)は、リボ核酸(RNA)とデオキシリボ核酸(DNA)の総称である。 拡散の構成要素は、塩基、糖、リン酸である。(核酸の構成要素である塩基を核酸塩基と呼ぶ。) 塩基、糖...

NO IMAGE

嚢胞(cyst)

定義 嚢胞(cyst)とは、体の中にできた流動性あるいは半流動性の内容物をいれた袋/閉鎖腔のことである。袋は単房性(1つの閉鎖腔のみ)あるいは多房性(複数の閉鎖腔からなる)である。内容物は水、空気、...

NO IMAGE

プロモーター (promoter)

定義 プロモーター(promoter)とは、遺伝子の内部あるいは近傍に存在し、その遺伝子の発現を調節する領域のことである。 プロモーターはDNA上のある条件を満たす領域のことである。条件1は場...

NO IMAGE

がん抑制遺伝子 (tumor suppressor gene)

定義 がん抑制遺伝子は、がんの発生を抑制する機能を持つタンパク質(がん抑制タンパク質)をコードする遺伝子である。従ってがん抑制遺伝子は、遺伝子変異によって不活性化された場合に、それを含む細胞に選択成...

NO IMAGE

キナーゼ (kinase)

定義 キナーゼ(kinase)は、リン酸基(phosphate group)の他の分子(タンパク、脂肪など)への付加を触媒する、蛋白である。キナーゼはほぼ全ての信号伝達経路で不可欠な役割と担っている...

NO IMAGE

がんの転移能を司る遺伝子

遺伝学的には、がんの遠隔転移能を司る遺伝子が存在すると考えられているが同定されていない。 同定されていない理由として以下の3仮説が提案されている。 (1) エピジェネティック変異など現在の...

NO IMAGE

エクソーム (exome)

定義 エクソーム(exome)とは、ヒトゲノム中の全エクソンの集合体のことである。 語源的にはエクソン(exon)+ギリシャ語の「すべて・完全」などを意味する接尾辞(ome)で、エクソン全体を...

NO IMAGE

異形成 (dysplasia)

定義 異形成 (dysplasia)とは、上皮内に限局する(=基底膜を破壊しない)、細胞異型、構造異型を伴う増殖性病変である。 異型度が軽度であるため、癌と確定できないものである(癌と確定でき...

NO IMAGE

良性と悪性の違い

良性、悪性は腫瘍の性質を区別するための言葉である。要するに腫瘍がその場で大きくなるだけか、周囲の組織を破壊し全身の他の部位にまで転移しうるのかの違いである。 良性(benign): がん性(canc...

NO IMAGE

がん、ガン、癌の違い

ひらがなとカタカナのがんとガンは同じ意味である。これらはある種の疾患の総称である。漢字の癌はがんの1種である。 がん、ガン(cancer): 細胞が異常に分裂し、周囲の組織に浸潤する疾患のこと。が...

NO IMAGE

EGFR

erbB受容体ファミリーに属する膜貫通型受容体蛋白である リガンドの結合により二量体を形成する 非小細胞肺癌を含む多くの固形がんで過剰発現している この経路の活性化が腫瘍増殖と関連し...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)