「 がんの社会学 」一覧

NO IMAGE

弾性着衣等に対する療養費支給

制度の骨子 弾性着衣とは弾性ストッキング、弾性スリーブ、弾性グローブの総称である。 医師の判断で四肢のリンパ浮腫に対する治療として、弾性着衣/弾性包帯が使用される場合、国から補助金(療養費補助)を受けることができる。これが弾性着衣等に対する療養費支給である。 制度のポイント 以下、療養費の支...

NO IMAGE

地域包括支援センター

定義 地域包括支援センターとは、すべての高齢者の相談を受け付ける、各地域の総合窓口となる施設のことである。 介護保険法で各市町村に設置することが定められている。センターには保健師、ケアマネージャー、社会福祉士の配置が定められている。 地域包括支援センターを探す 厚生労働省の以下のページか...

NO IMAGE

がん登録

定義 がん登録とは、がん患者の情報(人口学的情報、診断、治療、転帰など)を管理する仕組み(実体としてはデータベース)のことである。 対象とする患者の範囲によって、院内がん登録、地域がん登録、全国がん登録などに分類される。

NO IMAGE

DPC(診断群分類包括評価)

定義 DPC(診断群分類包括評価)とは、病名、症状、治療内容、入院日数などの組み合わせに応じて総医療費が決まる、医療費の評価方式の1つである。DPCでは1日あたりの点数が決められている。 DPC普及以前は、治療、検査、などにかかった費用を全て合算する「出来高支払い方式」が主流であった。

NO IMAGE

差額ベッド

定義 差額ベッドとは以下の条件を全て満たす病室のことである。 定員4人以下 1人あたりの病床面積が一定以上の広さを有する プライバシーを確保する設備を備えている 差額ベッドには公的医療保険が適用されない。そのため差額ベッドを利用した場合、入院料とは別途、差額ベッド代と呼...

NO IMAGE

先進医療制度

定義 先進医療制度とは、厚生労働大臣が「先進医療」と認めた治療についてのみ、保険適用外の診療と保険診療の併用を認め、保険診療の部分は公的医療保険の給付対象とする制度である。要するに混合診療を条件付きで認める制度である。 関連 患者申出療養

NO IMAGE

デイサービス(通所介護)

定義 デイサービス(通所介護)とは、日帰りで、自宅から施設(デイサービスセンター)に通い、日常動作(食事・入浴など)の訓練や支援を受ける、通所介護サービスの1種である。 ポイントは日帰り、デイサービスセンター、日常生活支援である。 関連 デイケア(通所リハビリテーション) ショート...

NO IMAGE

デイケア(通所リハビリテーション)

定義 デイケア(通所リハビリテーション)とは、自宅から日帰りで、病院、診療所、老人保健施設などに通い、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)の指導の下でリハビリを行う、通所介護サービスの1種である。 関連 デイサービス(通所介護) ショートステイ(短期入所生活介護/療養介護)

NO IMAGE

がん診療連携拠点病院

定義 がん診療連携拠点病院とは、2次医療圏(医療法で定められた地域単位)に1箇所を目安として設置された、各地域でがん診療の中心的役割を果たすことを期待される病院のことである。 がん診療拠点病院の役割 大きく4つの役割を持っている。 (1) 専門的ながん診療の提供 国が定めた基準を満...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2