「 2次予防(検診) 」一覧

NO IMAGE

子宮体がん検診

検診方法、検診効果 2016年時点では確立していない。体がん検診(子宮内膜細胞診)には、体がんの罹患率や死亡率減少効果の報告はない。無症状者に対する有効性のエビデンスも勿論ない。 文献 ...

NO IMAGE

子宮頸がん検診

検診内容 対象年齢:20歳以上検診頻度:2年に1回検査内容:子宮頸部擦過細胞診 検診効果 浸潤がん罹患リスク 84%低下 (1)死亡リスク 59%低下 (2) 受診率 ...

NO IMAGE

5がん検診

癌種 対象年令 頻度 方法胃がん 40歳以上 毎年 胃透視(バリウム)、胃内視鏡、ペプシノゲン検査、ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)抗体検査大腸がん 40歳以上 毎年 便潜血(化...

NO IMAGE

過剰診断とは何か?

正しいがん検診はがん死の予防に有効です がんによる死を避けるためには早期発見、早期治療が有効です。進行したがんは治療が難しく、また症状が出た時にはがんは進行していることも稀ではないからです。...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
\n