「 クラスター分析 」一覧

NO IMAGE

鎖効果

定義 鎖効果とは、クラスター分析において、ある1つのクラスターに対象が1つずつ順番に吸収されながらクラスターが形成される現象のこと。最短距離法で起こりやすい。望ましくない現象であるため、鎖効果の起きにくいウォード法が使用されることが多い。

NO IMAGE

クラスター間の距離の定義方法

クラスター分析において、観察対象と観察対象の距離の定義は1つしか無いが、クラスターとクラスターの距離には複数の定義がある。実務的にはウォード法を使用するのが一般的である。 方法 定義 最短距離法 2つのクラスターに含まれる対象の全組み合わせの距離を求め、最も近い距離=クラ...

NO IMAGE

クラスター分析(cluster analysis)

定義 観測対象を、いくつかの似た者同士のグループ(=クラスター)に分類するデータマイニングのデータマイニングの1手法である。 クラスター分析の分類 クラスター分析は「階層的手法」と「非階層的手法」に分類される。 階層的クラスター分析では全ての観測対象を枝分かれしていく1本の木(ツリー構造...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)