疫学辞典一覧

NO IMAGE

hard endpoint

定義 hard endpointとは、客観的に測定できる結果のことである。(例)血圧、コテステロール値、生存期間など。 関連 対義語はsoft endpointである。主観的な内容を測定したエン...

NO IMAGE

逆問題(inverse problem)

定義 逆問題(inverse problem)とは、中身が不明のメカニズムに対して、インプットとアウトプットの一部のみがわかっている条件で、メカニズムの中身を推定しようとする問題である。 逆問...

NO IMAGE

粗罹患率

定義 粗罹患率 = 一定期間に新規発生した患者数(人) ÷ 危険曝露人口の観察期間の総和(人年) 当該期間に危険曝露人口の脱落をほとんど無視できる場合、以下の定義も可能である。 粗罹患率...

NO IMAGE

仮言命題

定義 仮言命題とは、「もしAならば、Bである」という形式の命題である。 「もしAならば」の部分は前件、「Bである」の部分は後件と呼ばれる。 関連 全称命題(universal propos...

NO IMAGE

後件肯定の誤謬

定義 後件肯定の誤謬とは、仮言命題における後件が成立した時に、前件も成立していると推測する誤謬のことである。 関連 仮言命題

NO IMAGE

仮説演繹法

定義 仮説演繹法とは、仮説から予測を演繹(=論理的に導出)し、予測通りの事実が観察できた場合に仮説が正しいと推論し、観察できなかった場合には仮説が間違っていると推論する実証主義科学の方法論である。 ...

NO IMAGE

観察研究

定義 観察研究は介入を伴わない研究デザインの総称である。観察研究は更に、比較検討の有無により、比較を伴う分析的観察研究と、比較を伴わない記述的観察研究(記述研究)に分類される。 関連 診療実態研...

NO IMAGE

分析的研究

定義 分析研究とは、研究内に複数の群があり、群間の比較を伴う研究である。 通常、介入研究は分析研究でもある。観察研究には分析的観察研究(analytical observational study...

NO IMAGE

介入研究

同義語 実験研究 定義 研究者による被験者に対する何らかの介入を伴う研究のこと。対義語は観察研究(=介入を伴わない研究)である。 介入研究の目的は、介入群と非介入群で結果の差があるかどうかを比...

NO IMAGE

集団免疫(herd immunity)

関連 集団免疫(herd immunity)とは、集団内で免疫を獲得した人の割合が増えることによって、その集団内での感染症の流行が抑止されることである。 要するにある集団内のメンバーがワクチン...

NO IMAGE

世界的流行(pandemic)

定義 世界的流行とは、世界中または国境をまたぐような非常に広範囲な地域に発生する流行(epidemic)のことである。通常、世界的流行は多数の人々を冒す。(A Dictionary of Epide...

NO IMAGE

共生(symbiosis)

定義 共生(symbiosis)とは、異なる生物種間の様々な相互関係の総称である。 共生の具体的なあり方として、相利共生(mutualism)や寄生(parasitism)などがある。 ...

NO IMAGE

コホート研究 (cohort study)

定義 コホート研究(cohort study)とは、1つ以上のコホート内における疾病の発生を測定する研究デザインである。「全ての疫学研究の原型」(ロスマン)であり、縦断研究の1種である。 コホート...

NO IMAGE

潜伏期間(latent period)

定義 潜伏期間(latent period)とは、疾病に罹患した時点から、実際にその疾病と診断されるまでに経過した時間のことである。 疾病罹患時点は推定する他ないため、潜伏期間も推定値である。...

NO IMAGE

フィールド研究(field trial)

定義 フィールド研究(field trial)は、疾病の1次予防を目的とした疫学的実験の1種である。疾病の治療を目的とした臨床研究では対象が患者であるのに対し、フィールド研究では対象が患者ではないと...

NO IMAGE

発生率比

同義語 瞬時リスク比(instantaneous risk ratio) 定義 発生率比 = 曝露群の発生率 / 非曝露群の発生率 瞬時のリスク比(観察時間が0に近い場合のリスク比)は発生...

NO IMAGE

粗率

定義 粗率とは、層別化データの区分別の率を、その集団の実際の分布を重みとして加重平均したものである。 層別化データの区分別の率を、別の集団の分布を重みとして加重平均したものが標準化率である。こ...

NO IMAGE

標準化

定義 標準化とは、層化データにおける層別の情報を単一の要約値へまとめる手法である。 実質的には、層別の率の加重平均である。この加重平均を計算する際の重みに「基準(standard)」の人口ある...

NO IMAGE

残差交絡(residual confounding)

定義 残差交絡(residual confounding)とは、層内の交絡のことである。 層別解析は層間の交絡は制御するが、層内の交絡は制御しない。ここから層別解析によって制御される交絡の残差...

NO IMAGE

プール化(pooling)

定義 プール化(pooling)は、層化データの情報を統合する手法の1つである。 プール化リスク差/比(@コホート研究) 曝露 非曝露 合計 症例 ai bi ...

NO IMAGE

伝播流行(propagated epidemic)

定義 伝播流行(propagated epidemic)とは、集団中で人から人へと伝染的・連鎖的に発生する流行のことである。 インフルエンザの流行は伝播流行の例である。 伝播流行における発生...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3