「 誤差 」一覧

NO IMAGE

母性想起バイアス(maternal recall bias)

定義 母性想起バイアス(maternal recall bias)とは、先天異常をもって生まれた新生児の症例対照研究などにおいて、異常児を産んだ母親の方がより正確に記憶を想起することによって生じるバイアスである。想起バイアスの特殊例である。

NO IMAGE

未回答者バイアス (non-responder bias)

定義 未回答者バイアスとはある種の要因を持つ被験者が回答に消極的であるために生じるバイアスである。選択バイアス (selection bias)の1種である。 関連 疫学研究における誤差(error) 選択バイアス (selection bias)

NO IMAGE

面接者バイアス (interviewer bias)

定義 面接者バイアスは、面接者の意識的・無意識的な心理状態によって生じるアウトカム測定結果の系統誤差(測定バイアス)である。試験に例えれば、単なる採点ミスではなく、身内に甘い点数をつけることである。

NO IMAGE

想起バイアス(recall bias)

同義語 想起バイアス(recall bias)、思い出しバイアス(recall bias) 定義 想起バイアス(recall bias)とは、後ろ向き研究において、被験者の意識的・無意識的な心理によって生じる記憶想起(思い出し)の正確さの差異によって生じる測定バイアスのことである。例えばある疾...

NO IMAGE

選択バイアス (selection bias)

定義 選択バイアスは、標本抽出の段階で生じる系統誤差である。即ち、標的母集団からの標本抽出がランダムでないことによって生じる推定結果の真値からのズレである。

NO IMAGE

測定バイアス(measurement bias)

同義語 測定バイアス(measurement bias)、情報バイアス (information bias) 定義 測定バイアスは疾病(アウトカム)測定段階で生じる系統誤差である。 具体例 思い出しバイアス (recall bias) 診断バイアス 面接者バイアス (intervi...

NO IMAGE

診断バイアス

要因の有無によってアウトカムの測定されやすさが異なることによって生じる測定バイアス。 例えばある要因を持っている患者を、その要因を持たない患者より医師が注意診察することによって生じる。

NO IMAGE

自己選択バイアス (self-selection bias)

自己選択バイアス(self-selection bias)とは研究への参加の有無を、参加者が自己決定することによって生じるバイアスである。選択バイアスの一種。 例えば研究テーマに興味を持つ人は、持たない人より、参加率が高いと想像される。結果として、母集団におけるよりも、標本において興味の有る人の割...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2