疫学指標(因果的効果)

NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

総寄与分画

定義 総寄与分画 = Σ(AFi x Pi) AFi : 曝露レベル i の寄与分画 Pi : 全症例に対する曝露レベル i に分類される症例の割合 総寄与分画は、集団全体に対する寄与分画である。曝露レベルが複数ある場合
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

発生率比

同義語 瞬時リスク比(instantaneous risk ratio) 定義 発生率比 = 曝露群の発生率 / 非曝露群の発生率 瞬時のリスク比(観察時間が0に近い場合のリスク比)は発生率比と近似することから、瞬時リスク比の別
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

寄与分画(attributable fraction)

同義語 寄与分画(attributable fraction) 寄与リスクパーセント(attributable risk percent)、寄与リスク(attributable risk)は古い用語である。 定義 寄与分画 =
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

発生率差(incidence rate difference : IRD)

定義 発生率差(incidence rate difference : IRD) = 曝露群の発生率(I1) - 非曝露群の発生率(I0) 関連 リスク差(risk difference : RD)
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

混乱を招きやすい疫学用語まとめ

疫学指標には独特の難しさがある。 原因1.日常用語と乖離した独特の言い回し 原因2.疫学用語自体の中にある曖昧さや重複 原因1への対処 独特でわかりにくい用語を以下のように言い換える(頭の中で変換して考える)ことを推奨する。
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

相対的効果

定義 相対的効果 = リスク差 / 非曝露群のリスク = RD / R0 = (R1-R0) / R0 = RR - 1 R1:曝露群のリスク R0:非曝露群のリスク RR: リスク比(R1/R0) 関連 リスク差(
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

リスク差(risk difference : RD)

同義語 リスク差(risk difference)、寄与リスク(attributable risk) 定義 リスク差=曝露群のリスク(R1) - 非暴露群のリスク(R0)
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

寄与率(attributable rate)

定義 寄与率(attributable rate)とは、発生率差(incidence rate difference : IRD)を意味する古い疫学用語である。 関連 寄与リスク(attributable risk)
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

寄与リスク(attributable risk)

定義 寄与リスク(attributable risk)とは、リスク差(risk difference)を意味する古い疫学用語である。 関連 リスク差 寄与率(attributable rate)
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

分割表 (contingency table)

同義語 分割表、クロス表、2x2表、contingency table, cross table 定義 分割表とは2変数の関係を分析するために作成される表で、以下の形で表現される。 結果(+) 結果(-) 行周辺合計 原
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

相対リスク (relative risk)

同義語 相対リスク、相対危険、relative risk 定義 相対リスク(relative risk)は、絶対リスク(リスクや発生率)の比である。即ちリスク比、発生率比の総称である。絶対リスク同様相対リスクも総称であるため、意味の曖
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

リスク比 (risk ratio : RR)

同義語 リスク比 、risk ratio : RR 定義 リスク比(risk ratio) = 曝露群のリスク(R1) / 非曝露群のリスク(R0) 曝露群が結果を生じる可能性が、非曝露群の何倍かを示す数値である。 リスク比と
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

寄与割合 (attributable fraction)

定義 寄与割合(attributable risk)とは、要因ありの群の中で発生したイベントの何割がその要因によって起きているのかを示す指標である。 R1(要因ありの群のリスク)、R0(要因なしの群のリスク)とした時、 寄与割合 =
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

相対リスク減少 (relative risk reduction)

同義語 相対リスク減少、相対危険減少 定義 相対リスク減少 = 1 - リスク比 相対リスク減少も比の一種であり、従って0~1の値を取る。 関連 リスク比 (risk ratio) 絶対リスク減少 (absolute
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

オッズ比 (Odds ratio)

定義 オッズ比はケースコントロール研究において、コホート研究におけるリスク比の代用として計算される指標である。 分割表で定義すると以下の通り。 結果(+) 結果(-) 行周辺合計 要因(+) A
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

絶対リスク (absolute risk)

同義語 絶対危険、絶対リスク、absolute risk 定義 絶対危険(absolute risk) は、発生割合 (incidence proportion)、発生率 (incidence rate) の総称である。絶対リスクは総
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

絶対リスク減少 (absolute risk reduction)

定義 絶対リスクの差の総称。絶対リスクそのものが、発生割合(=リスク)や発生率の総称であることから、絶対リスク現象も発生割合や発生率の差ということになる。 総称であるため意味が曖昧になるおそれがあるので、可能な限り特異的な用語を用いるべ
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

人口寄与リスク割合 (population attributable risk percent)

定義 人口寄与リスク割合 (population attributable risk percent)とは、ある集団において、ある原因がなかったとすると、ある疾患の罹患数が減少する割合である。
NO IMAGE 疫学指標(因果的効果)

NNT (Number Needed to Treat)

定義 NNTは絶対リスク減少(absolute risk reduction)の逆数である。 NNTに相当する人数を治療すると1人のイベント発生を防げると解釈する。 治療以外に、予防、診断に概念を拡張することもできこれらの場合、Num
スポンサーリンク