「 疫学指標(疾病発生) 」一覧

NO IMAGE

リスクと発生率の関係

リスクと発生率の間には、以下の近似式がある。 リスク≒発生率×時間 この近似式は、計算された左辺のリスクが20%であればうまく使用できることが知られている。 関連 リスク(risk) 発生率 (incidence rate)

NO IMAGE

平均余命(expectation of life)

同義語 平均余命(expectation of life)、期待生存時間(expected survival time) 定義 平均余命(expectation of life)とは、死亡するまでの平均時間である。 発生率が経時的に変化しない定常状態では、平均余命は、死亡の発生率の逆数(...

NO IMAGE

症例致命率(case fatality rate)

定義 症例致命率(case fatality rate)とは、既にある疾患を発症している人の中で、その疾患によって死亡する人の割合を示すリスク(発生割合)のことである。 症例致命率は、実質的にリスクそのものであるにも関わらず、リスクの定義・解釈に必須である時間枠が報告されないことが一般的であ...

NO IMAGE

年齢調整死亡率

定義 年齢調整死亡率とは、対象集団で実測された死亡率(=粗死亡率)を、基準人口での死亡率に換算した値のことである。 対象集団の年齢調整死亡率=Σ (対象集団における年齢5歳階級別粗死亡率 x 基準人口の当該年齢階級の人口) / 基準人口の総数 我が国では1985年モデル人口(1985年...

NO IMAGE

全生存率 (overall survival rate)

同義語 生存率 (survival rate) 定義 研究対象の人々の中で、(診断あるいは治療開始から)一定の観察期間後経過後に生存している人の割合のこと。 生存率=観察期間経過後の生存者数(人)÷ 観察対象人数(人) 観察期間に応じて、5年生存率、3年生存率などと表記される。 ...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2