その他の辞典一覧

NO IMAGE

附子剤(ぶしざい)

定義 附子剤は附子を主薬とする漢方薬の総称である。真武湯、麻黄附子細辛湯、桂枝加朮附湯、附子理中湯、八味地黄丸、牛車腎気丸などがある。なお八味地黄丸、牛車腎気丸は補腎剤でもある。 ...

NO IMAGE

黄耆剤(おうぎざい)

定義 黄耆剤は黄耆を主薬とする漢方薬の総称である。 代表的な処方として防已黄耆湯(黄耆のみから成る)、桂枝加黄耆湯などがある。 参考 『漢方によるがん治療』(領域別入門漢方医学シリーズ)

NO IMAGE

骨細胞(osteocyte)

定義 骨細胞(osteocyte,オステオサイト)は骨を構成する細胞の1種である。 細胞の由来 骨細胞は骨前駆細胞(osteoprogenitors)に由来する。骨芽細胞(osteobl...

NO IMAGE

駆瘀血剤(くおけつざい)

定義 駆瘀血剤(くおけつざい)とは瘀血(おけつ)を治療するための漢方薬の総称である。 具体的には、桂枝茯苓丸、桃核承気湯、当帰芍薬散などがある。駆瘀血剤の選択便秘の有無や、下腹部の臍の近傍...

NO IMAGE

腎虚(じんきょ)

定義 腎虚とは、生まれた時に両親から受け継いだ生命エネルギーである「先天の気(=腎気)」が枯渇した状態である。平たく言えば老化(エイジング)のことと考えられる。具体的な腎虚の賞状として、下半...

NO IMAGE

病名漢方

定義 病名漢方とは、西洋医が西洋医学の病名(診断)に基づき、その診断に対する治療薬として漢方薬を使用する漢方医学の使い方のことである。本来の漢方においては、漢方医学の診断に基づき、使用する漢...

NO IMAGE

補剤(ほざい)

同義語 参耆剤(じんぎざい):人参と黄耆を主成分とする薬剤の意味。補剤はまさにそうであることからこの別名がある。 定義 補剤とは、気力・体力の低下した患者を元気にする目的で使用される漢方薬の一群...

NO IMAGE

自由7科

定義 自由7科とは、ローマ時代に整理されたリベラル・アーツの7科目のこと。すなわち、文法、修辞学、論理学、算術、幾何、天文学、音楽の7科目である。 参考 池上彰の18歳からの教養講座 ―現代世界...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3 4 9
\n