「 その他の辞典 」一覧

NO IMAGE

腎虚(じんきょ)

定義 腎虚とは、生まれた時に両親から受け継いだ生命エネルギーである「先天の気(=腎気)」が枯渇した状態である。平たく言えば老化(エイジング)のことと考えられる。具体的な腎虚の賞状として、下半...

NO IMAGE

病名漢方

定義 病名漢方とは、西洋医が西洋医学の病名(診断)に基づき、その診断に対する治療薬として漢方薬を使用する漢方医学の使い方のことである。本来の漢方においては、漢方医学の診断に基づき、使用する漢...

NO IMAGE

補剤(ほざい)

同義語 参耆剤(じんぎざい):人参と黄耆を主成分とする薬剤の意味。補剤はまさにそうであることからこの別名がある。 定義 補剤とは、気力・体力の低下した患者を元気にする目的で使用される漢方薬の一群...

NO IMAGE

自由7科

定義 自由7科とは、ローマ時代に整理されたリベラル・アーツの7科目のこと。すなわち、文法、修辞学、論理学、算術、幾何、天文学、音楽の7科目である。 参考 池上彰の18歳からの教養講座 ―現代世界...

NO IMAGE

点眼局所麻酔薬の使い分け

概要 ラクリミンとベノキシールの2剤がある。いずれも主成分は同じ(オキシブプロカイン塩酸塩)である。違うのは濃度である。ラクリミンは0.05%液(低濃度)であり、ベノキシールは0.4%液(高濃度...

NO IMAGE

感染呪術(contagious magic)

定義 イギリスの人類学者ジェイムズ・フレイザーが提唱した呪術の概念である。彼は呪術を大きく模倣呪術と感染呪術に分類している。感染呪術とは、一度物理的に接触していたもの、あるいはかつて1つであ...

NO IMAGE

有身見(うしんけん)

定義 有身見とは、五蘊を自分とみなす見解である。平たく言えば、私というものが確かに存在する、私の肉体としてであれ、私の心身としてであれ、確かに存在しているという実感である。仏教的にはこの実感は錯覚に...

NO IMAGE

三結(さんけつ)

同義語 巴: tīni saṃyojanāni, ティーニ・サンヨージャナーニ 定義 三結(さんけつ)とは、預流果を得ると断たれる3つの煩悩の総称である。即ち、有身見(うしんけん)、疑(ぎ)、戒...

NO IMAGE

縁起

同義語 dependent origination(英) 定義 現時点での事物が、次の時点での事物が生起する条件となること。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3 4 8
\n