「 瞑想辞典 」一覧

NO IMAGE

五火ニ道説(ごかにどうせつ)

定義 五火二道説とは『ウパニシャッド』(BC.600年頃~)に説かれる輪廻思想である。 五火とは、死者は火葬されたのち(1)月に行き(2)そこから雨となって再び地に落ち(3)植物に吸収されて穀物となり(4)それを食べた男の精子となり(5)女との性交により胎児となりこの世に再生する、という5段...

NO IMAGE

有身見(うしんけん)

定義 有身見とは、五蘊を自分とみなす見解である。平たく言えば、私というものが確かに存在する、私の肉体としてであれ、私の心身としてであれ、確かに存在しているという実感である。仏教的にはこの実感は錯覚に過ぎないとされている。

NO IMAGE

三結(さんけつ)

同義語 巴: tīni saṃyojanāni, ティーニ・サンヨージャナーニ 定義 三結(さんけつ)とは、預流果を得ると断たれる3つの煩悩の総称である。即ち、有身見(うしんけん)、疑(ぎ)、戒禁取(かいごんしゅ)である。

NO IMAGE

サンジュニャー(Samjna)「想」

定義 サンジュニャーは語源的には「何かと一緒にやってくる知識」という意味であり、五蘊の教義の中では、何かを経験した後にそれとの連想が浮かび上がってきた時点で起きる反応のことである。 何かを経験した際に、それと連想される過去の反応パターンに入り、自動操縦状態になることである。 ヴェーダナーと...

NO IMAGE

六識

定義 六識とは、眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識のことである。 六識は初期仏教の心のモデルである。 関連 八識

NO IMAGE

ヴェーダナー(vedana)「受」

同義語 英語では、感情(feeling)、反応(reaction)などに訳される。 定義 ヴェーダナーは瞬間的に身体的レベルで起こる反応である。ヴェーダナーは牽引(attraction)、忌避(aversion)、混乱(confusion)の3つのいずれかの形しかとらない。 関連 五蘊(ご...

NO IMAGE

ルーパ(rupa)「色」

同義語 英語ではform(形)と訳される。 定義 ルーパとは、ありのままの物自体(=ダルマ)ではなく、自分の枠組みを通して知覚された物のことである。 色=身体と理解されることもあるが、より広い意味で、自分の存在を支え強めるとみなしている物、そのような準拠枠で知覚された物と理解すべきとの考...

NO IMAGE

ラベリング

定義 ラベリングとは、瞑想中に心身に生じる現象を、内語によって言語化する作業のことである。 ラベリング瞑想は有効、有害、双方の報告がある。 マハーシ式が代表的なラベリング瞑想である。 関連 ヴィパッサナー瞑想(マハーシ式)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3 4 7