「 瞑想辞典 」一覧

NO IMAGE

五火ニ道説(ごかにどうせつ)

定義 五火二道説とは『ウパニシャッド』(BC.600年頃~)に説かれる輪廻思想である。 五火とは、死者は火葬されたのち(1)月に行き(2)そこから雨となって再び地に落ち(3)植物に吸収されて穀物となり(4)それを食べた男の精子となり(5)女との性交により胎児となりこの世に再生する、という5段...

NO IMAGE

有身見(うしんけん)

定義 有身見とは、五蘊を自分とみなす見解である。平たく言えば、私というものが確かに存在する、私の肉体としてであれ、私の心身としてであれ、確かに存在しているという実感である。仏教的にはこの実感は錯覚に過ぎないとされている。

NO IMAGE

三結(さんけつ)

同義語 巴: tīni saṃyojanāni, ティーニ・サンヨージャナーニ 定義 三結(さんけつ)とは、預流果を得ると断たれる3つの煩悩の総称である。即ち、有身見(うしんけん)、疑(ぎ)、戒禁取(かいごんしゅ)である。

NO IMAGE

縁起

同義語 dependent origination(英) 定義 現時点での事物が、次の時点での事物が生起する条件となること。

NO IMAGE

四聖諦(ししょうたい)

同義語 Four Noble Truth 定義 四聖諦(ししょうたい)とは、釈尊の説いた4つの真理の教えである。 漢訳 サンスクリット 苦諦(くたい) Dukkha ドゥッカ 集諦(じったい) Dukkha Samudaya ドゥッカ・サムダヤ ...

NO IMAGE

苦(dukkha)

同義語 苦(パ:dukkha) 定義 苦とは「思い通りにならないこと」という意味である。 関連 四聖諦(ししょうたい)

NO IMAGE

渇愛(タンハー)

同義語 渇望(thirst)、渇愛、貪欲(craving) 定義 渇愛とは、苦を経験した時に、わきあがってくる感情(feeling)である。その本質は「自己を再び作り上げようとする」ことへの渇望であると説明される。 乾いた喉が水を求めるような欲求であることから渇愛と訳されている。即ち釈尊...

NO IMAGE

ルーパ(rupa)「色」

同義語 英語ではform(形)と訳される。 定義 ルーパとは、ありのままの物自体(=ダルマ)ではなく、自分の枠組みを通して知覚された物のことである。 色=身体と理解されることもあるが、より広い意味で、自分の存在を支え強めるとみなしている物、そのような準拠枠で知覚された物と理解すべきとの考...

NO IMAGE

八正道(はっしょうどう)

同義語 八聖道、八聖道分、八支正道、八聖道支 定義 八正道とは、四聖諦の1つである道諦の具体的な実践方法のことである。仏教において苦しみをなくすための具体的な方法、涅槃に至るための8つの実践方法であると言ってもよい。 正見(しょうけん) 正思(しょうし) 正語(しょうご)...

NO IMAGE

五蘊(ごうん)

同義語 五取蘊、five aggregates of grasping 定義 五蘊とは色受想行識の総称である。 色とは身体のことである。受想行識は心の働きである。 漢訳 サンスクリット 英訳 概要 色 rupa ルーパ form 受 ve...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3 4 7