「 心理学辞典 」一覧

NO IMAGE

感覚記憶

定義 感覚記憶とは感覚情報をほぼそのままで保持する記憶のこと。 持続時間は0.5秒程度と考えられている。 感覚記憶のうち、注意を向けられたごく一部の情報のみが、短期記憶に移動されると考えられている。 感覚情報 → 感覚記憶(0.5秒) → 短期記憶(30秒) → 長期記憶の順に記...

NO IMAGE

モデリング:行動療法における

定義 行動療法におけるモデリングとは、言葉による教育を必要とせず、手本を見ているだけでできるようになる学習形式のことである。 スポーツなどで上手な人の演技を見ているうちに自分もできるようになるというような、運動に対して成り立つことが多いとされる。 行動療法においては、社会的な行動におい...

NO IMAGE

カラセックの職場ストレスモデル(karasek, 1979)

カラセックは職場ストレスと「仕事の要求度(デマンド)」と「裁量の自由度(コントロール)」の2つの軸から分析するモデルを提唱した。 なお、カラセックが開発したJCQ(Job Content Questionnaire)には日本語版があり、職場ストレスの評価に実用されている。 参考

NO IMAGE

社会的再適応評価尺度(Holmes&Rahe,1967)

社会的再適応評価尺度は、ホームズとレイがライフイベントのストレス量を得点化した一覧表のことである(Holmes&Rahe,1967)。 ライフイベントのインパクトは社会や個人によって異なるため、この尺度は日本でそのまま使用することはできない。 参考 ストレスに負けない生活―心・身体...

NO IMAGE

アフォーダンス(affordance)

定義 アフォーダンスとは、環境の物理的な特徴ではなく、環境が私たちの適応(生存)にとって持つ意味(価値)のことである。アメリカの知覚心理学者 ジェームズ・J・ギブソンによる造語である。 人間の知覚の目的は物理的に正確な測定ではなく、アフォーダンスの評価であると考えられている。例えば錯覚は、物...

NO IMAGE

テストバッテリー(test battery)

定義 テストバッテリー(Test battery)とは、心理検査において、1種類のアセスメント方法のみに依存するのではなく、複数の検査を並行して実施し、それらの結果を総合して判断することである。 1つの心理検査で完全な妥当性、信頼性を有するものは存在し得ないため、心理検査においてはテストバッ...

NO IMAGE

質問紙法性格検査

定義 質問紙法性格検査とは、質問紙に回答してもらうことによって性格を測定する心理検査である。 代表的検査な質問紙法性格検査として、YG(矢田部=ギルフォード)性格検査、ミネソタ多面人格目録(MMPI)、東大式エゴグラム(TEG)などがある。

NO IMAGE

心理検査(psychological test)

定義 心理検査(psychological test)とは、被験者の"振る舞いの標本(sample of behavior)"を測定する客観的かつ標準化された測度である。 sample of behaviorとは、個人の課題に対するパフォーマンスである。 心理検査は心理学的な構成概念を...

NO IMAGE

職業適性検査

定義 職業適性検査とは、ある職業に対する被験者の興味や適性を測定する心理検査である。 代表的検査として、SPI2、内田クレペリン精神検査などがある。

NO IMAGE

発達検査

定義 発達検査とは、乳幼児、幼児、児童を対象として、発達全般の度合いを評価する心理検査である。発達リスクのある子どもを早期発見し早期支援につなげることを目的としている。 結果は、「健常児」ではどのくらいの年齢に相当するかという発達年齢(Developmental Age:DA)と、発達年齢と...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3 4 6