「 社会心理学 」一覧

NO IMAGE

群集心理

定義 群集心理とは、たまたまいあわせた人々に一時的なな心理的相互作用が生じることによって、それらの人々に生じる独特の心理的傾向のことである。(ただ人々が居合わせるだけでは、多くの場合、問題となるような社会的相互作用は生じない。) 群集心理の具体的な内容として、理性的ではなく感情的になる、攻撃...

NO IMAGE

服従

定義 服従とは、集団においてメンバーが、リーダーの命令に従って自分の希望に反する行動を取ることである。 服従はメンバーを残酷にすることが知られている(アイヒマン実験)。

NO IMAGE

同調行動

定義 同調行動とは、集団のメンバーが、集団に留まるために、自分の態度や行動が集団のルールと相反する場合には、自分を曲げて集団のルールに従う行動のことである。 集団が持つメンバーへの強制力(従わせようとする力)を集団圧力と呼ぶ。 実験的に同調行動の存在を証明したものとして、アッシュによる...

NO IMAGE

攻撃行動 (aggressive behavior)

定義 攻撃行動とは、他者に身体的・精神的な苦痛を与える行動である。 人間を含む多くの動物に自分に危害を加える個体に対する攻撃行動が生得的にプログラムされていることが知られている。

NO IMAGE

傍観者効果 (bystander effect)

同義語 傍観者効果(bystander effect) 定義 傍観者効果とは、緊急の助けを必要としていることを、その場にいる多数の人が認識していながら、結局誰も援助せず見殺しにしてしまう現象を指す社会心理学の用語である。 1964年ニューヨークで起こったキティ・ジェノヴィーズ事件がきっか...

NO IMAGE

援助行動

定義 援助行動とは、他者を助ける行動である。向社会的行動の1種である。 援助行動の起源 援助行動の起源(=人は何故、他者を助けるのか)という問題に対しては、(1) 本能説 (2) 社会的強化説の2つの回答仮説がある。 本能説は援助行動は生得的なものと考える。社会的強化説は援助行動は生得的...

NO IMAGE

対人魅力

定義 対人魅力とは、人が他者に対して感じる魅力(好き嫌い)である。 対人魅力の要因 対人魅力の要因として以下のようなものが知られている。 (1) 近接性 よく接する人を好きになりやすい。 (2) マッチング効果 男女交際では外見レベルのつりあった人が付き合うことが多い ...

NO IMAGE

説得的コミュニケーション

定義 説得的コミュニケーションとは、他者の態度(=心)を変容させ、それによって他者の行動を変化させることを目的としたコミュニケーションのことである。 説得的コミュニケーションの成功要因 説得的コミュニケーションの成功要因としては、(1)誰が説得するか(=説得者)(2)どう説得するか(=説得方法...

NO IMAGE

原因帰属

定義 原因帰属とは、心理学において、ある出来事の原因を何かに求める(帰属させる)心の働きのことである。 現象を因果関係で説明するのは科学一般の原理である。心理学が原因帰属を問題にする場合、科学的に妥当な因果関係の推定原理ではなく、ある意味では人間の心に潜む非科学的なバイアスに関心が向けられて...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)