「 {base} 」一覧

NO IMAGE

[R]{base}all() : 論理積を求める関数

説明 論理値型のベクトルを引数に取り、その全て(の要素)がTRUEであるかどうかを判定する関数である。 使用法 all(..., na.rm = FALSE) 引数 ... : 論理型ベクトル。論理型以外の長さゼロのベクトルは無視され、その他のものはクラスを無視して論理値に型変換される...

NO IMAGE

[R]{base}sort() : 1変数をソートする関数

説明 ベクトルあるいは因子を昇順または降順で並び替える。 1変数以上のもの(=多変数)を並べ替えたい時(例えばデータフレームをソートしたい時など)にはorder()を使用する。 使用法 sort(x, decreasing = FALSE, ...) 引数 x: 並べ替えたいベクトル...

NO IMAGE

[R]{base} by() : データフレームに含まれる各グループごとに集計関数を実行する関数

説明 by()関数は、tapply()をデータフレームに適用するオブジェクト志向のラッパーである。 複数のグループのデータを含むデータセットがある時に、各グループごとに集計関数を実行する関数である。例えば男と女からなるデータがある時、男グループ、女グループそれぞれの平均を求めるというような場...

NO IMAGE

[R]{base}seq() : 数列を作る関数

説明 通常の数列(regular sequences)を作る。 seq()はデフォルトメソッドを持つ標準ジェネリック関数である。 seq.int()はプリミティブ関数である(非常に高速だが制約がある)。 seq_along()とseq_len()は2つの共通するケースに対する非常に高速なプリ...

NO IMAGE

[R]{base} I():オブジェクトのデフォルトの解釈/型変換を抑止する関数

説明 オブジェクトのクラスを、そのオブジェクトが'as is'で取り扱われるように変更する。 Rではあるオブジェクトが文脈によって解釈される/型変換されるデフォルトの処理方法が決まっている。特別な状況ではこのデフォルトの振る舞いを抑止したいことがある。このような場合に使うのがI()関数である...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3