{graphics}

NO IMAGE {graphics}

[R]graphics::curve() : (数学)関数のグラフを描く関数

説明 範囲に対応する関数のグラフを描く。curve()は変数 xname(デフォルトはx)の式(expression)をプロットすることもできる。 使用法 curve(expr, from = NULL, to = NULL, n =
NO IMAGE {graphics}

[R]{graphics} boxplot() : 箱ひげ図を描画する関数

説明 与えられた(グループ化された)データから、箱ひげ図(box-and-whisker plot(s))を作成する。 使用法 # 基本構文 boxplot(x, ...) # S3 method for class 'for
NO IMAGE {graphics}

[R]{graphics}frame() : 新しいプロット・フレームを作成/開始する関数

説明 frame()関数は現在のプロットを完了させ、新しい描画フレームを開始する。 frame()はplot.new()関数の別名である。 本関数は全ての高レベル描画関数で使用されており、複数図の領域が使用されている場合にそれをスキッ
{graphics}

[R]{graphics}stripchart() : 1次元散布図を描画する関数

説明 stripchart()は引数で指定されたデータに基き、1次元散布図(あるいは1次元ドットプロット)を描画する関数である。これらの図は標本数が少ない場合は箱ひげ図(box plots)のよい代替となる。 使用法 Default
NO IMAGE {graphics}

[R]{graphics} pairs() : 散布図行列を描画する関数

説明 散布図行列を描画する 使用法 # (1) 引数にデータフレームを渡す場合 pairs(x, ...) # (2) 引数にformulaオブジェクトを渡す場合(S3 method for class 'formula'
NO IMAGE {graphics}

[R]{graphics} hist() : ヒストグラム(頻度表)を描画する関数

説明 graphics::hist()は指定されたデータを元に頻度表を計算するジェネリック関数である。 通常の使用法 とにかく頻度表を作成するには、以下のように記述すればよい。 hist(頻度表を作成するデータのベクトル) 頻度表
NO IMAGE {graphics}

[R]{graphics} par() : グラフィカル・パラメータの設定あるいは取得

説明 graphics::par()を使用するとグラフィカル・パラメータの設定あるいは取得をすることができる。グラフィカル・パラメータはpar()に対する引数として指定する。その際の引数は、(1)タグ=値という形式、(2) タグ=値を1要
NO IMAGE {graphics}

[R] {graphics} persp() : 3次元図を作成(プロット)する関数

Rで3次元図を描画するためには常套句がある。 # Rにおける3次元プロットの常套句 x <- seq(0, 10, 0.5) y <- seq(-5, 5 ,0.5) f <- function(x,y){ 10+
スポンサーリンク