「 {graphics} 」一覧

NO IMAGE

[R]{graphics} hist() : ヒストグラム(頻度表)を描画する (ジェネリック関数)

説明 graphics::hist()は指定されたデータを元に頻度表を計算するジェネリック関数である。 通常の使用法 とにかく頻度表を作成するには、以下のように記述すればよい。 hist(頻度表を作成するデータのベクトル) 頻度表の定義や描画方法をカスタマイズしたい場合に限り、引数をいろい...

NO IMAGE

[R]{graphics} par() : グラフィカル・パラメータの設定あるいは取得

説明 graphics::par()を使用するとグラフィカル・パラメータの設定あるいは取得をすることができる。グラフィカル・パラメータはpar()に対する引数として指定する。その際の引数は、(1)タグ=値という形式、(2) タグ=値を1要素とするリスト、のいずれかの方法で記述する。 通常の使用法...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)