{lavaan}

NO IMAGE {lavaan}

[R]{lavaan} gwoth() : 成長曲線モデルのあてはめを行う関数

説明 lavaan::growth()は成長曲線モデルのあてはめを行う関数である。lavaan()の成長曲線に特化したラッパー関数である。 使用法 # ミニマム fit <- growth(model = "成長曲線モデルのモ
NO IMAGE {lavaan}

[R] {lavaan}におけるモデル式の記述方法

{lavaan}を使いこなすにはモデル式を自由自在に記述できることが重要である。 モデル式は通常、回帰式の定義、潜在変数の定義、分散と共分散(共変関係)の定義、切片の定義からなる。 モデル式の記述に使用するオペレータ 以下のモデル
NO IMAGE {lavaan}

[R]{lavaan} cfa() : 確認的因子分析を実行する関数

説明 lavaan::cfa() は確認的因子分析を実行する関数である。正確にはモデル式の全てをコントロール可能な低レベル関数であるlavaan:lavaan()のいくつかのパラメータを、通常の確認的因子分析で使用されるものに自動設定して
NO IMAGE {lavaan}

[R] {lavaan} lavaan()、sem()、cfa()、growth()の違い

パッケージ{lavaan}には共分散構造分析を実行する関数として、lavaan()、sem()、cfa()、growth()、が用意されている。 これら4関数の関係を要約すれば、lavaan()が原型であり、その他3関数は、特定の状況でよ
NO IMAGE {lavaan}

[R]{lavaan} summary() : lavaanのモデルを出力する

使用法 summary(lavaanのfitオブジェクト,...) summary(object = "lavaan", header = TRUE, fit.measures=FALSE, estimates =TRUE, ci =
NO IMAGE {lavaan}

[R]{lavaan} lavaanの組み込みデータセット

{lavaan}には組み込みデータ・セットして、HolzingerSwineford1939、PoliticalDemocracy、Demo.growthなどが用意されている。 それぞれデータセットの内容についての説明を読むためには以下の
NO IMAGE {lavaan}

[R]{lavaan} inspect() : あてはめたlavaanオブジェクトから情報(見たい情報のみを)を抽出する

Description lavInspect() および lavTech() 関数はあてはめられたlavaanオブジェクトから指定した情報を抽出する関数である。注意:古いS4のinspect()メソッド は現在は、デフォルトの引数指定付き
NO IMAGE {lavaan}

[R] {lavaan}における推定法のオプション

パッケージlavaanには共分散構造分析を実行する関数として、sem()、cfa()、growth()、lavaan()が用意されている。またこれらの関数で共通して指定できる、推定法のオプションが用意されている。 基本的な推定法の選択ルー
スポンサーリンク