{lme4}

NO IMAGE {lme4}

[R] {lme4} lmer()を使用して最小モデルのICCを計算する手順

Rではlmer()を用いてマルチレベル分析を実行できる。 マルチレベル分析では最初に最小モデルの級内相関係数(ICC)を計算し、その値に基づいてマルチレベル分析に進むかどうかを決定する。 以下にlmer()の出力とそれを元にIC
NO IMAGE {lme4}

[R] {lme4} lmer() 混合効果モデルをデータにあてはめる関数

ランダム切片モデル lmer(目的変数~説明変数+(1 | グループを表す変数), REML=FLASE) ランダムスロープモデル lmer(目的変数~説明変数+(1+ランダムスロープを想定する説明変数 | グループを表す
スポンサーリンク