{psych}

NO IMAGE {psych}

[R]{psych} lowerCor() : データフレームを受けて相関係数の下三角行列を返す関数

説明 データフレームを受けて相関係数の下三角行列を返す関数 使用法 lowerCor(x,digits=2,use="pairwise",method="pearson") 引数 x : データフレーム digitis: 相
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} read.clipboard() : クリップボード内のデータをRのデータフレームとして読み込む関数

説明 read.clipboard()はクリップボード内のデータをRに読み込む関数である。返り値としてデータフレームを返すのでこれをRの変数として受け取って使用する。 read.clipboard()には一群の関数がある。
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} lowerCor() : 相関行列を下三角行列として出力する関数

説明 lowerCor()は指定した方法で相関係数を計算し、指定した桁数で下三角行列として相関行列をする関数である。 使用法 lowerCor(x,digits=2,use="pairwise",method="pearson")
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} headTail() : head()とtail()を同時に呼び出す関数

説明 headTail()はutils::head()とutils::tail()を同時に呼び出す関数である。つまりデータフレーム、行列、あるいはテキストオブジェクトの最初と最後のn行を出力する。 使用法 headTail(x,hle
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} scoreItems() : 項目合成尺度のスコアの計算などを行う

説明 項目合成尺度のスコアおよびクロンバックα、グットマンλ6、項目-全体相関係数(item-whole-correlations)を計算する。 n個の項目に対するk個のキー(-1, 0, 1)を含む行列あるいはデータフレームと、N
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} omega() : 内的整合性信頼性の指標であるω係数などを出力する関数

説明 一般および合計因子飽和度(general and total factor saturation)に関するマクドナルドのオメガ(McDonald's omega)推定値を計算する関数である。 マクドナルドは検査の一般因子飽和度
NO IMAGE {psych}

[R] {psych} fa.parallel() : 実データとランダム平行行列のスクリープロットを描画する関数

説明 fa.parallel()は実データ行列(ないしその相関行列)とランダム平行行列のスクリープロットを対比的に描画する関数である。 成分ないし因子数を決定する方法の1つとして、連続する固有値に対するスクリープロット(scree
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} bfi : 組み込みデータセット

{psych}にはbfiという組み込みデータセットが含まれている。 bfiはInternational Personality Item Pool (ipip.ori.org)から取られた25の自己回答式性格評価項目、2800人分のデータ
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} fa() : 探索的因子分析を行う

説明 探索的因子分析(Exploratory Factor analysis;EFA)を実行する。MinRes (minimum residual)法 、Principal Axis法, Weighted Least Squares法、M
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} describeBy() : グループごとに要約統計量を出力する関数

説明 グルーピング変数ごとに要約統計を出力する。 使用法(通常) describeBy(データフレーム、グルーピング変数) 使用法(詳細) describeBy(x, group=NULL,mat=FALSE,type=3,dig
NO IMAGE {psych}

[R] {psych} descibe() : 記述統計を一括出力する関数(=summary()の心理学用強化版)

説明 Rには要約統計を出力するための関数がたくさんある(例えばsummary()やhmisc::describe()など)。psych::describe()は古典的な計量心理学における尺度構成および項目分析のために最も有用な要約統計を出
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} alpha() : 内的整合性信頼性の指標であるクロンバックα係数などを出力する

説明 psych::alpha()は信頼性の1種である内的整合性信頼性(internal consistency reliability)の指標を出力する関数である。具体的には以下の内容を出力する。 クロンバックのα係数(Cro
NO IMAGE {psych}

[R]{psych} ICC()で級内相関係数を計算する方法:どんな形式のデータを渡せばいいのか?

RではpsychパッケージのICC()関数を使用して級内相関係数を計算できる。 psychのICC()の公式説明ヘルプには以下のスクリプト例が紹介されている。 sf <- matrix(c(9, 2, 5, 8,
スポンサーリンク