R言語

NO IMAGE R言語

[R] CRANextrasとは何か?

Rのリポジトリの1つに、CRAN (extras)というものがある。 これが何者なのか、Webではわかりやすい説明が見つけられなかったが、R FAQに以下の記述がある。 Some CRAN packages that do not
NO IMAGE R言語

[R]%in% : ベクトル(y)の各要素がベクトル(x)に含まれるかどうかを判定する演算子

説明 %in%演算子は、2つのベクトルx,yに対して、y %in% xという形で使用する。その意味は、yの各要素について1つずつそれがxの要素でもあるかどうかを判定し、そうであればTRUE、違えばFALSEを返すことである。従って返り値は
NO IMAGE R言語

[R] Rprofile.site : R起動時に自動実行されるコマンドを記述するファイル

Rprofile.siteはRの起動時に自動実行されるコマンド(スクリプト)を記述するファイルのことである。 通常Windows環境では、 C:\Program Files\R\etc\ に格納されている。 この他に
NO IMAGE R言語

[R] .RData : Rのワークスペースを保存するファイル

Rにはワークスペース(Rのメモリにある全てのオブジェクトとデーターの総称)を保存する機能がある。ワークスペースを保存する場合、.RDataという名前のファイルで保存される。
NO IMAGE R言語

[R] パッケージとは

RのパッケージとはRに機能を追加するアドオンのことである。 Rのパッケージには2種類ある。 base packages : Rが起動時に自動で読み込むパッケージ contributed packages :ユーザーが使
NO IMAGE R言語

[R] モデルフィッティング関数、モデリング関数

同義語 モデルフィッティング関数 (model fitting function)、モデリング関数(modeling function) 定義 データに対して統計モデルをあてはめる(あてはめるとは母数を推定すること意味する)関数。
NO IMAGE R言語

[R] Rにおけるオブジェクトとは何か?

Rではコンピュータのメモリに直接アクセスすることができない。従って間接的にメモリ上のデータを読み書きする何らかの仕組みが必要となる。この間接的にメモリ上のデータの読み書きを行うためのR言語独自の仕組み(インターフェース)を、Rでは"オブジェ
NO IMAGE R言語

[R] 予約語 (reserved words)

予約語(reserved words)とは、R言語の仕様として予め特別な意味と役割が定められた文字列のことである。予約語はユーザーが定義する関数名、変数名などとしては使用できない。 具体的には以下の予約語がある。 if else rep
NO IMAGE R言語

[R] NA, NaN, NULL

NULL, NaN, NA この3つの予約語はいずれも非存在(不在、欠損)を表すRの予約語である。紛らわしいがRでは違う意味を持っており使い分けられる。 予約語 意味 NA Not Availableの略。欠損
NO IMAGE R言語

[R] 前方乗算方式 (pre-multiplication)

「係数(パラメータ) x 変数」の形でモデル式を記述する、モデル式の構文の1種。 Rでは{lavaan}、{lm}、{lme4}、{psych}、{survival}など多くのパッケージで使用されている。
NO IMAGE R言語

[R] 論理演算子

演算子 意味 用例 && かつ(スカラー) (1==1) && (1==2) || または(スカラー) (1==1) || (1==2) & かつ(ベクトル) (c(1,1,1) =
NO IMAGE R言語

[R] ジェネリック関数(generic function)とは何か?

定義 ジェネリック関数(generic function)とは、渡される引数のクラスに応じて、自分自身(=generic function)のために予め定義された複数のメソッドからいずれかを選んで実行する関数のことである。 即ち、「関数
NO IMAGE R言語

[R] 順列、組み合わせを計算する方法

驚くべきことに、Rには順列/組み合わせを計算する組み込み関数はない。 従ってRで順列/組み合わせを計算するには、自作関数を書き下ろすか、既存パッケージを利用する必要がある。 順列/組み合わせを計算できるパッケージは複数存在する。
NO IMAGE R言語

[R] 変数名、関数名に使用可能な文字

Rの変数名、関数名には、文字、数字、ドット、アンダースコア(R1.9.0以降のみ)を使用できる。但し名前の先頭の1文字は、いわゆる文字かドットでなければならない。 上記の記載の根拠はCRANのFAQである。以下、その内容を紐解いてみる。
スポンサーリンク