{utils}

NO IMAGE {utils}

[R]{utils} help() : Rの組み込みヘルプを表示する関数

説明 utils::help()はRのヘルプシステムのための基本となるインターフェースである。 使用法(通常) help("知りたいRの用語") 知りたいRの用語は引用符("または')で囲む必要のあるものとないものがある。囲む必
NO IMAGE {utils}

[R]{utils} download.file() : インターネットからファイルをダウンロードする関数

説明 download.file()はインターネットからファイルをダウンロードする関数である。 使用法 download.file("ダンロードしたいファイルのURL", "ローカルに保存する際のファイル名") download
NO IMAGE {utils}

[R] {utils} head() オブジェクトの先頭の一部を表示させる

説明 utils::head()は、ベクトル、マトリックス、テーブル、データフレームあるいは関数の最初の部分を返す関数である。 構文 head(x, n = 6L,...) 引数 x 先頭部分を返すオブジェクト。 n 整
NO IMAGE {utils}

[R] {utils} data() 組み込みデータセットを扱う関数

Rには組み込みデータセット(要するにサンプル・データ)が用意されている。utils::data()関数を使用することでデータセットの一覧を取得したり、使用したいデータセットを読みこんだりすることができる。 # 利用可能な全てのデータセット
NO IMAGE {utils}

[R]{utils} sessionInfo() : Rのバージョン、OS情報、アタッチまたはロードされているパッケージの情報を表示する関数

現在のRセッションに関する情報、具体的には、Rのバージョン、OS情報、アタッチまたはロードされているパッケージの情報を表示するには{utils}パッケージのsessionInfo()関数を使う。以下に実行例を示す。 > sessio
スポンサーリンク