「 分散分析 」一覧

NO IMAGE

共変数(covariate)

同義語 共変量、共変数、covariate 定義 共変数(共変量, covariate)とは、ある研究のアウトカムの予測因子となる(である)可能性を持つ変数のことである。 共分散分析の文脈では、連続変数である剰余変数を共変数と呼ぶこともある。 関連 時変共変数 (time varyi...

NO IMAGE

被検者内要因

定義 被検者内要因とは、分散分析における要因のうち、その要因の全水準が同一の被験者によって測定される要因である。 従って被検者内要因を持つ研究デザインは、対応のあるデザインである。 関連 被検者間要因

NO IMAGE

被検者間要因

定義 被検者間要因とは、要因(分散分析において説明変数を意味する用語)のうち、各水準に異なる被験者が割り当てられる要因のことである。 関連 被検者内要因 要因は被検者間要因と被検者内要因に分類される。

NO IMAGE

調整平均

定義 調整平均とは、共分散分析において、共変数の影響を取り除いた各群の平均のことである。 関連 調整平均はでは{effects}パッケージを使用して計算可能である。

NO IMAGE

繰り返しのないニ要因分散分析

同義語 繰り返しのないニ要因分散分析、対応のある1要因分散分析 定義 繰り返しのないニ要因分散分析とは、主として検定したい要因1と、要因1の検出力を高めるための要因2(=ブロック因子)の2要因からなる分散分析の実験デザインのことである。 ブロック因子とはそれ自体に関心があるというよりも、...

NO IMAGE

主効果 (main effect)

定義 主効果(main effect)とは、分散分析の文脈において、ある要因が(他の要因の影響を無視した上で)特性値に与える影響のことである。 一要因分散分析においては主効果しか存在しない。多要因分散分析においては複数の主効果と、主効果間の相互作用を区別して考察する必要が生じる。 重回...

NO IMAGE

分散の等質性の仮定

分散分析では条件間で従属変数の分散が等しいことを前提の1つとしている。 実際にそうであるかどうかを確認する方法にbartlett検定がある。 しかしこの仮定が満たされていなくても分析結果には大きく影響しないことが知られている。

NO IMAGE

共分散分析

定義 共分散分析は、剰余変数を統制する分散分析である。(共分散分析の文脈では、剰余変数は「共変数(covariate)」または「共変量」と呼ばれることが一般的である。) 共分散分析は、回帰分析と分散分析を同時に行う手法である。 共分散分析は、各群の回帰直線の傾きは等しいと仮定して、...

NO IMAGE

バランスデザインとアンバランスデザイン

分散分析の文脈では、対象となるデータの構造から、実験デザインは、バランスデザインとアンバランスデザインに分類される。 バランスデザインとは、各水準のサンプル数が等しい実験デザインのことである。 アンバランスデザインとは、各水準のサンプル数が異なる実験デザインのことである。 即ち両者...

NO IMAGE

相関比η (correlation ratio)

同義語 相関比 (correlation ratio)、η(エータと読む) 定義 相関比ηとは分散分析の指標の1つであり、以下の式で定義される。 相関比η = SQRT(群間平方和 / 全体の平方和) ※ここでのSQRT()は()内の平方根を計算するという意味。 また以下の関...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2