「 記述統計(1変数) 」一覧

NO IMAGE

最頻値(mode)

定義 最頻値(mode)とは、データの値ごとの出現回数を数えた場合に、最も出現回数の多い値のことである。最頻値は代表値の1種である。最頻値を平均値の1種とする流儀もある。 関連 代表値 平均値

NO IMAGE

中央値(median)

同義語 中位数、中央値、メディアン、median 定義 中央値(median)とは、データを大きさの順に並べた時に、ちょうど真ん中に位置するデータの値のことである。データ数nが奇数の場合は(n+1)/2番目のデータ、データ数nが偶数の場合は、n/2番目とn/2+1番目のデータの算術平均である。...

NO IMAGE

平均値

定義 平均値は代表値の1種である。平均値には色々な種類があり、単に平均値といった場合、算術平均を意味する。 平均の分類 相加平均=算術平均 (arithmetic mean) 幾何平均(geometric mean) 調和平均(harmonic mean) 絶対平均(mean...

NO IMAGE

量的変数

同義語 量的変数、数値尺度、numeric variable, quantitative variable、measurement variable 定義 量的変数(数値尺度)とは、データ値が数値である変数のことである。 量的変数はcontinuous variable(連続変数)とdi...

NO IMAGE

順序尺度 (ordinal variables)

同義語 順序尺度、ranked variables, ordinal variables 定義 順序尺度とは、順序にのみ意味がある尺度である。順序は順位を意味するのみであり、各順位の間隔に関しては何も保証しない。四則演算は意味をなさない。 生物統計学での実際 生物学においてranked v...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3