因子分析一覧

NO IMAGE

次元削減(dimension reduction)

定義 次元削減とは、多次元(多変数)のデータを、より少ない数の因子で要約的に表現する統計学の手法のことである。計量心理学では次元削減が用いられることが多い。具体的な次元削減の手法としては、因...

NO IMAGE

n因子モデルとn次因子モデル

定義n因子モデル(1因子モデル、2因子モデル、・・・)は因子数n個を想定した因子分析モデルのことである。n次因子モデルは、因子にn次の階層構造を想定した因子分析モデルのことである。例えば(下位...

NO IMAGE

構成概念(construct)

構成概念とは、複雑な事象の理解や説明を簡単にしてくれる概念(=言葉)のことである。平たく言えば、それがあるとなんとなく物事がわかる気がする便利な言葉のことである。実在するかどうか(物理的に確認...

NO IMAGE

因子分析(factor analysis)

定義 因子分析とは、観測変数の背後に少数の潜在的な共通因子(common factor)の存在を仮定し、この共通因子から観測変数への影響を推定することを通して、観測変数から生成される相関行列を説明し...

NO IMAGE

共通性(communality)

共通性とは、観測変数の分散のうち、共通因子で説明できる成分の割合のこと。共通性の2乗+独自性の2乗=1となるように定められている。

NO IMAGE

単純構造(simple structure)

単純構造とは:探索的因子分析の結果として推定された因子負荷行列において、各観測変数が可能な限り少数の因子(従って理想的には1つの因子のみ)からのみ大きな影響を受けている状態のこと。単純構造は2つ以...

NO IMAGE

解の回転(rotation)

解の回転とは:因子負荷量の絶対値が、値の大きなものと小さなもの(0に近いもの)に、分離されるように初期解を変換すること。解の回転方法は、「直交回転(orthogonal rotation)」と「斜...

NO IMAGE

スクリープロット(scree plot)

相関行列から計算される固有値をy軸、固有値の連番をx軸に、固有値の大きいものから小さいものへと順にプロットした図のこと。探索的因子分析における因子数決定の判断材料の1つとして使用される。具体的...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
\n