確率論一覧

NO IMAGE

周辺化(marginalization)

定義 周辺化(marginalization)とは、同時分布を構成する任意の変数について、その変数の取りうる全ての値に対応する確率を合算(離散型確率変数なら和をとる、連続型確率変数なら積分を実行する...

NO IMAGE

正規化

定義 正規化とは、ある関数の和(離散変数の場合)や積分(連続変数の場合)が1になるように、その関数に定数を掛ける(または定数で割る)操作のことである。正規化は、ある関数が確率分布の条件(=全...

NO IMAGE

試行(trial)

定義 試行(trial)とは、起こりうる結果(=根源事象)が2つ以上あり、それらの結果のうちどれが起きるかは偶然に左右される、操作(観測や実験など)のことである。平たく言えば、やってみないと...

NO IMAGE

random experiment

定義 random experimentとは、事前に結果を予測することの出来ない実験のことである。統計学においてはexperimentを、deterministic experiment(事...

NO IMAGE

事象(event)

定義 事象(event)とは、ランダム実験における結果の集合である。即ち標本空有の部分集合(subset)である。事象A1,A2,A3...があり、どのペアに関してもAi ∩ Aj = Φで...

NO IMAGE

根源事象(fundamental event)

定義 根源事象 (fundamental event)とは、それ以上分割できない事象のことである。平たく言えば、やってみないと結果が分からない行為をした場合に、予想される結果の最小単位である...

NO IMAGE

古典的確率

定義 古典的確率では、事象Aの確率 p(A) は以下のように定義される。p(A) = 事象Aに含まれる根源事象の数 / 標本空間に含まれる根源事象の数即ち古典的確率とは、ある事象に含...

NO IMAGE

標本空間(sample space)

定義 標本空間(sample space)とはランダム実験(random experiment)Eにおいて起こりうる全ての結果の集合のことである。標本空間 (sample space)とは試...

NO IMAGE

事象(event)

定義 事象(event)とは、試行(trial)の結果として起こりうる状態のことである。事象は根源事象(fundamental event)を1個以上含む集合である。 関連 試行(tri...

NO IMAGE

サポート(support)

定義 確率論におけるサポート(support)とは、ある試行(trial)における実現値(realization)に値を割り当てたとして、それら割り当てられた値の集合のことである。

NO IMAGE

ベルヌイ試行(Bernoulli trial)

定義 ベルヌイ試行(Bernoulli trial)とは、結果が2値で、(いずれかの結果が出る)確率が常に一定で、(連続して試行した場合に)互いに独立である試行のことである。平たく言えば、勝...

NO IMAGE

標本抽出(sampling)

定義 標本抽出(sampling)とは母集団からいくつかの標本を選び出すことである。 標本抽出の分類(1):復元抽出と非復元抽出 母集団から複数の標本を取り出す時、1つ標本を取り出しては母集団に...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3
\n