「 標本抽出法 」一覧

NO IMAGE

統計学的代表性(statistical representativeness)

定義 統計学的代表性(statistical representativeness)とは、統計学的な観点から、標本が母集団の代表になっている程度を意味する概念である。 統計学的代表性の担保と、標本抽出および調査に要するコスト(効率性)のバランスを取るために、様々な標本抽出法が考案されている。...

NO IMAGE

層化多段抽出法

定義 層化多段抽出法 (stratified sampling)とは層化抽出法と多段抽出法を併用する抽出法である。具体的には、まず全体の層別化を行い、各層にて多段抽出法を実施する。 関連 集落抽出法 (cluster sampling) 多段抽出法 (multistage sampling)...

NO IMAGE

層化抽出法 (stratified sampling)

定義 層化抽出法 (stratified sampling)とは大規模な母集団(=全調査対象)に対して、以下の方法で行う標本抽出の手続きのことである。 (1) 母集団をいくつかのグループ(=層、stratum)に分割する。 (2) 全ての層から無作為抽出を行う。 層分けに使用する変数を層化変...

NO IMAGE

多段抽出法 (multistage sampling)

定義 多段抽出法(multistage sampling)とは大規模な全調査対象に対して、以下の方法で行う標本抽出の手続きのことである。 (1) 母集団をいくつかの集落(cluster)に分割する。 (2) 分割された集落から、いくつかの集落を無作為抽出する。 ここで抽出された集落を1次抽出...

NO IMAGE

集落抽出法 (cluster sampling)

定義 集落抽出法(cluster sampling)とは大規模な全調査対象に対して、以下の方法で行う標本抽出の手続きのことである。 (1) 母集団をいくつかの集落(cluster)に分割する。 (2) 分割された集落から、いくつかの集落を無作為抽出する。 (3) 各集落で全数調査を行う。 ...

NO IMAGE

便宜的なサンプル(convenient sample)

定義 「便宜的なサンプル」とは、手近な人々から収集したデータなど、収集が容易であるサンプルを意味する。ランダムサンプリングのような手間のかかるデータ収集に比べて、データ収集収集コストは低いものの、データの分布や独立性に関しては担保されておらず(実際には何らかのバイアスがかかっている可能性が高く)、...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)