「 生存時間分析 」一覧

NO IMAGE

Cox回帰における残差

生存分析のデータには打ち切りデータが含まれているため、その残差分析は一般線形回帰モデルの残差分析に較べて複雑である。 生存時間分析における残差には複数の種類(定義)がある。代表的なものは以下である。 マルチンゲール残差(martingale residuals) シェーンフィー...

NO IMAGE

time-varying exposure

定義 time-varying exposureとは、疫学研究における曝露の中で、同一対象に対する曝露状況が経時的に変化する(しうる)曝露のことである。例えば、ある時期には薬を飲んでいたが別の時期には飲んでいないというような状況における内服はtime-varying exposureである。 ...

NO IMAGE

subdistribution hazard

定義 subdistribution hazardとは、ある主体が競合リスク存在下において、ある原因(リスク)によるfailureを起こすハザードのこと。 subdistributionは競合リスク分析の鍵となる概念である。 関連 競合リスクイベント (competing risk ev...

NO IMAGE

post-randomization covariate

定義 post-randomization covariateとは、ランダム化の後で測定された共変量のことである。 post-randomization covariateと対になるのは、ランダム化以前に測定された/存在していた共変量である。 post-randomization co...

NO IMAGE

競合リスクイベント (competing risk event)

定義 競合リスクイベント (competing risk event)とは、生存時間分析で発生するイベント(=アウトカム、失敗 failureと呼ばれることもある)が複数あるケースにおいて、発生しうる各イベントのことである。 競合リスクイベントの例として、造血幹細胞移植(HSCT)における ...

NO IMAGE

Conditional Landmark Analysis

同義語 ランドマーク分析、条件付きランドマーク分析 定義 Conditional Landmark Analysisは、guarantee-time bias (GTB)を取り除くために用いられる統計手法の1つである。 Conditional Landmark Analysisでは、経過...

NO IMAGE

guarantee-time bias (GTB)

同義語 immortal time bias, survivor treatment selection bias, survivor bias 定義 guarantee-time bias (GTB)とは、生存時間解析において、群間比較に使用する変数として、(観察開始前に既に決まっており観察...

NO IMAGE

カーネル平滑化 (kernel smoothing)

定義 カーネル平滑化 (kernel smoothing)とは、たくさん存在する時点の値(点推定値)1つ1つに対して、その時間の近傍に存在する点推定値の全てを平均して、関数の平均を求める手法である。不規則な点推定値の集合を、なめらかな関数形へと変化するテクニックである。カーネル平滑化によって得られ...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2 3