「 推測統計(検定) 」一覧

NO IMAGE

検定の論理

検定したい命題の種類に対応して様々な検定手法が存在するが、どのような検定であれば基本となる論理は同じである。以下にそれを示す。 検定したい命題を定義する 検定したい命題を帰無仮説に変換する。この際、統計量を決定する。 有意水準αを決定する 帰無仮説が成立していると仮定した...

NO IMAGE

検定力(検出力)

同義語 検定力、検出力 定義 検定力とは、検定において、実際に誤った帰無仮説が、正しく棄却される確率である。 検定力は1-βと表記される。ここでβは第2種の誤りの確率である。 なお1-αに対応する用語はないが、意味的には正しい帰無仮説を正しく採択する確率であり、「棄却力」とでも呼ぶ...

NO IMAGE

第1種の誤り (Type Ⅰ error)、αエラー

同義語 第1種の誤り (Type Ⅰ error)、αエラー、アルファエラー 定義 第1種の誤り(αエラー)とは、実際には帰無仮説が正しい場合に、誤って帰無仮説を棄却してしまうことである。 データに基づいて計算した第1種の誤り(αエラー)の確率がp値である。 関連 第2種の誤り(βエ...

NO IMAGE

第2種の誤り(Type II error)、βエラー

同義語 第2種の誤り(Type II error)、βエラー 定義 第2種の誤り(βエラー)とは、対立仮説が真(=帰無仮説が偽)である場合に、誤って帰無仮説を採択(=対立仮説を棄却)する誤りのことである。 1-βを検定力と呼ぶ。 関連 第1種の誤り(αエラー)

NO IMAGE

有意水準α

同義語 有意水準、危険率、α 定義 有意水準とは検定において、帰無仮説が真であると仮定した場合に、得られたデータが出現する確率がどのくらいマレであれば、単なる偶然ではないと判断する(=帰無仮説を棄却する)かを決める確率(カットオフ値)である。 客観的な基準はなく恣意的に決める数値である。...

NO IMAGE

p値

同義語 限界水準、有意確率 定義 p値とは、検定統計量の値がギリギリ有意になる有意水準の値である。 p値=第1種の誤りの確率

NO IMAGE

検定力分析の分類

検定力分析は、有意水準α、効果量es(母効果量esと標本効果量es_caret)、標本数n、検定力1-βの4つの数字のうち、3つが決まれば残りの1つが決まるという原理に基づいている。 検定力分析は、研究実施との時間的な前後関係から3つの分析に分類可能である。 (1) 研究実施前の分析(事...

NO IMAGE

t検定の3前提

t検定(対応のない2群の平均の差の検定)には数理的な3つの前提(仮定)がある。 前提 内容 t検定の頑健性 正規性 2群の母集団の正規性:2群の母集団の分布がそれぞれ正規分布であること 極めて頑健 等分散性 2群の母集団の等分散性(=分散の等質性) :  ...

NO IMAGE

χ2乗検定(Chi-squared test)

同義語 χ2乗検定、カイ二乗検定、Chi-squared test 定義 χ2乗検定とは、帰無仮説が真であれば検定統計量が漸近的にχ2乗に従う、検定法の総称である。総称であるため、実際には複数の型がある。 χ2乗検定の分類 (1) 適合度検定:1つの質的変数の各カテゴリの観測度数分布と特定...

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
1 2